プロジェクトアーカイブ#4

画像:旅するリサーチ・ラボラトリー
画像:旅するリサーチ・ラボラトリー

『Think Party & Traveling / Web制作をライブする!』
日時 2018年3月16日(金)18:30-20:30
会場 SHIBAURA HOUSE 5F BIRD ROOM

出演 
mamoru(サウンドアーティスト)
下道基行(美術作家/写真家)
丸山晶崇(デザイナー)
芦部玲奈(アートマネージャー)
萩原俊矢(ウェブディレクター)
森司(アーツカウンシル東京 Tokyo Art Research Lab ディレクター(「思考と技術と対話の学校」校長)/東京アートポイント計画 ディレクター)

活動開始より4年を迎えた「旅するリサーチ・ラボラトリー」では、これまでの旅と活動を改めて振り返り、そこから得たキーワード、考察や観察を盛り込んだ本ウェブサイト のリリースを記念し『Think Party & Traveling / Web制作をライブする!』を開催しました。

イベントは公開収録され、その音源をもとにWebサイトの新たなコンテンツを作成すること試みました。

 

PART1

mamoru、下道によるオープニングトーク「僕らが旅に出る理由とその目的」と本ウェブサイトを設計した萩原俊矢氏を迎えての対談。

*音源前半で言及されている「1年目の・・・」に関しては「プロジェクトアーカイブ#1」をご参照下さい。

 

PART2

旅するリサーチラボラトリー、デザイナーの丸山晶崇の書きかけたフィールドノート「旅・リサーチとデザイン」を再考/補完すべく行われた対談。

*対談中に紹介されている印刷物は「プロジェクトアーカイブ#1」をご参照下さい。

 

PART3

旅するリサーチラボラトリーの発足のきっかけともなった森司氏がこれまでしかけてきた展覧会やアートプロジェクトに関してラボディレクターの2人がインタビューした。

*トーク前半に言及されている水戸芸術館における展覧会。川俣正氏の「デイリーニュース」(水戸芸術館、2001)、「日比野克彦の一人万博」(水戸芸術館、2005)